アルコール・二日酔い

年齢を重ねていけば身体の疲れは抜けにくくなっていきます。それは若い頃に比べて代謝が落ちていくからです。特に肝臓に関しては身体の中で解毒を行っている内蔵ですから、昔と同じようにアルコールを摂取していれば当然身体に負担がかかってしまいます。その肝臓への負担が二日酔いとなるのです。アルコールは適度なストレスの発散となりますが量を間違えてしまえば、身体に害を及ぼしてしまいます。その為、ご自身に負担がないよ...


せっかくの美味しいお酒も飲み過ぎてしまって、次の日に頭が痛くなってしまった経験がある方は多いと思います。俗に呼ばれる二日酔いです。頭が痛い、眠い、だるい、気持ちが悪いなどの症状が表れます。誰もがお酒を飲むなら二日酔いになりたくないと思うはずです。そこで、二日酔いにならないための方法をいくつか紹介します。まず、・空腹のままお酒を飲まない肝臓が、「この量なら通常だ」とアルコールを分解しようとしても、空...


お酒を飲むとアルコールを体内に取り込むことになります。体内に入ったアルコールは酵素によって分解されてアセトアルデヒドになります。このアセトアルデヒドが分解されずに肝臓に残ると、アセトアルデヒドの毒性によって肝臓が障害を受けることになります。そして、肝障害を起こすのはアセトアルデヒドだけではありません。お酒の飲みすぎによってアセトアルデヒドを分解しようと肝臓が働くことによって脂肪の代謝が後回しにされ...


アルコールを摂取したからといって必ずしも肝臓病になってしまうというわけではありません。アルコールの飲みすぎによっていろいろな臓器に支障が現れる場合がありますが、その中でも肝臓病はアルコールの多量摂取によって高頻度に起こりえます。しかし、個人差はあるとはいえアルコールの過度の摂取によって起こる肝臓病はやがて死に至るような大きな疾患でもあるのです。アルコールによる肝臓病はアルコールを多く摂取すればする...