肝臓とアルコールの関係

アルコールを摂取したからといって必ずしも肝臓病になってしまうというわけではありません。アルコールの飲みすぎによっていろいろな臓器に支障が現れる場合がありますが、その中でも肝臓病はアルコールの多量摂取によって高頻度に起こりえます。

 

しかし、個人差はあるとはいえアルコールの過度の摂取によって起こる肝臓病はやがて死に至るような大きな疾患でもあるのです。アルコールによる肝臓病はアルコールを多く摂取すればするほど、またアルコールを長期間の間摂取し続けていればいるほど、起こりやすくなります。

 

アルコール性の肝臓病は自らの意志によって発生を確実に予防できることにも大きな特徴があるといえるでしょう。アルコール性肝臓病はまず脂肪肝として現れます。
関連:脂肪肝に効くサプリメント

 

これはアルコールの多量摂取で現れることが多いですが、そのほかにも肥満や糖尿病でも起こります。脂肪肝は症状として発現することは少なく、腹部エコーなどの検査によって発見されることが多いですが、発見されれば原因がどこにあるのかアルコールなのかそのほかの原因なのかを特定する必要があります。アルコールが原因であるとすれば、脂肪肝の段階であれば断酒などによって比較的早期に改善することが多くなります。

 

脂肪肝の状態でさらに飲酒などでアルコールを大量に摂取した場合にはアルコール性肝炎という重症な症状となってしまいます。この段階になるとアルコール依存症となっている人の割合も多くなっており、簡単には断酒ができないという状況になっています。一時的にアルコール性肝炎が改善したとしても飲酒を再開すればまた症状が出ます。

 

そして、アルコール性肝炎の最終段階が肝硬変ということで、肝硬変と診断されてしまえば回復は不可能ということになってしまいます。アルコール性肝炎の状態であっても運悪ければ死亡してしまうこともありますので、肝硬変の状態になればさらに状況は悪くなっているといわざるを得なくなっています。