二日酔いにならない方法とは?

せっかくの美味しいお酒も飲み過ぎてしまって、次の日に頭が痛くなってしまった経験がある方は多いと思います。俗に呼ばれる二日酔いです。頭が痛い、眠い、だるい、気持ちが悪いなどの症状が表れます。

 

誰もがお酒を飲むなら二日酔いになりたくないと思うはずです。
そこで、二日酔いにならないための方法をいくつか紹介します。

 

まず、

 

・空腹のままお酒を飲まない

肝臓が、「この量なら通常だ」とアルコールを分解しようとしても、空腹だと処理能力が追い付かなくなってしまいます。そして、処理できなくなってしまったアルコールは、胃や腸に吸収されます。

 

なので一気飲みは肝臓に非常に良くない飲み方です。二日酔いの大きな原因となることもあります。
お酒を飲む前に、胃の中に少しでも食べ物を入れておくと良いでしょう。
牛乳、ヨーグルトといった乳製品や乳飲料は胃の粘膜を守ってくれるので、オススメです。

 

・お酒のおつまみ、飲み方に注意する

肝臓に負担をかけずにお酒を飲むには、適量を知り、水や野菜を一緒に摂りながら飲むと良いとされています。強いお酒の場合は、水と交互に飲むようにしましょう。ゆっくりと話をしながらお酒を飲むことも、肝臓への負担を軽減できます。

 

また、お酒とともに食べるおつまみには、タンパク質、ビタミン、食物繊維を多く含むものが良いでしょう。食物繊維は特に、アルコールの吸収を緩やかにしてくれるので、海藻サラダやきんぴらごぼうなどはとても良いおつまみの1つです。

 

ミネラルを豊富に含む牡蠣も、肝臓の働きを活発にするのでオススメです。

 

・チャンポンしない

チャンポンとは色々な種類のお酒を飲むことです。チャンポンすると二日酔いの原因になるとされていますが、実はあまり関係ありません。お酒の種類をコロコロと変えることで、口当たりもよくなり、ついゴクゴク飲み過ぎてしまうことが原因とされています。

 

女性にも好まれるカクテルや炭酸で割った甘いお酒など、ついつい色んな味を飲んでみたくなり、飲み過ぎてしまうことが多いかもしれません。やはりお酒を過剰に摂取してしまうことが二日酔いの大きな原因でしょう。

 

・アルコールを控える

肝臓が1時間にアルコールを処理できる量は日本酒4分の1と言われています。処理できない状態が続くと、中性脂肪が肝臓内にたまってしまい、「脂肪肝」と呼ばれる肝臓疾患を引き起こします。

 

1日に摂取しても良いと推奨されているアルコール量は、
・ビール中瓶1本
・日本酒1合
・缶チューハイ(350ml)1本
とされています。

 

肝臓への負担も考え、二日酔いにはやはり飲み過ぎないようにすることが一番良い予防法でしょう。