定期的な休肝日を作るのが重要

年齢を重ねていけば身体の疲れは抜けにくくなっていきます。
それは若い頃に比べて代謝が落ちていくからです。

 

特に肝臓に関しては身体の中で解毒を行っている内蔵ですから、昔と同じようにアルコールを摂取していれば当然身体に負担がかかってしまいます。その肝臓への負担が二日酔いとなるのです。

 

アルコールは適度なストレスの発散となりますが量を間違えてしまえば、身体に害を及ぼしてしまいます。その為、ご自身に負担がないように適量を知る事が二日酔いをしない為に最も大切な方法となるのです。特に毎日飲酒をする方であれば肝臓を休める為に休肝日をおすすめします。

 

また空腹でアルコールを摂取すると酔いが回りやすくなるだけではなく、胃腸にも負担を与えがちです。おつまみにはヘルシーな物を選んで、アルコールと共に楽しめるように心掛ける必要があります。

 

どうしてもアルコールの味が好きで休肝日が辛いなら、ノンアルコールの商品があります。
こうして休肝日を設ける事で肝臓の負担は減り、二日酔いもしにくくなります。

 

次に会社での飲み会が重なりそうで二日酔いにならないか不安な時にはヨーグルトなど胃粘膜を保護する乳製品を先に食べる事が最適です。

 

時間のない方は同様に胃粘膜を保護する胃腸薬を飲む事をおすすめします。
胃腸薬は種類も色々あり、漢方薬も二日酔いの予防に効果を発揮する物もあります。

 

迷った時には薬剤師の方に相談する事が大切です。

 

更に胃腸に自信の無い方に関しては脂分や刺激を避けた食事が必要になってきます。アルコールにはそれぞれアルコール度数があり参考の目安にはなりますが、それぞれ相性もあります。

 

色々なお酒を呑んでいると酔いも回りやすくなり、自分のペースがわからなくなってしまいます。

 

特にお酒に免疫の無い方の場合には正直に周りの方にその旨を伝えておく事で、ご自身が無理をして辛い二日酔いに悩まされる事も避けられるのです。
毎日をイキイキと過ごせるように少しの努力が欠かせないのです。