肝臓の病気・数値改善

日本人の肝炎の8割以上はウイルスによるものです。日本で見られるのは主にA型、B型、およびC型肝炎です。A型:A型肝炎はウイルスに汚染された飲食物や便などを介し、経口感染します。1か月前後の潜伏期間を経て、風邪のような症状、消化器症状、黄疸などが現れます。A型肝炎は一過性の急性肝炎で、慢性化することはなく、劇症化することも稀です。現在、国内での感染者は激減しています。しかし途上国では広くまん延してい...


肝臓は様々な機能があります。その機能とは、食べ物からとったタンパク質や糖、脂肪を貯蓄し、エネルギーとして供給する代謝の機能、アルコールや老廃物を無害なものに変える解毒の機能、脂肪の吸収を助ける消化液を生成する機能です。このような様々な機能を持っている肝臓だからこそ、しっかりと守らなければなりません。また、肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。悲鳴をあげることなく、淡々と働いていますが、悲鳴をあげる...


肝臓に障害があるとからだが黄色くなります。黄色人種の日本人の肌の色は黄色ですが、目の白球を明るい光線のところで、他の人と比べると割合によくわかったりします。そして、番茶の様な小便と、ひどくなってくると便が白っぽくなってきます。これは、便から黄色味、つまり胆汁色素がなくなるためです。からだがだるい、疲れやすい、食欲が無い、朝起きた時に吐き気がする、などのときは要注意です。とくに、食後に非常に眠くなる...


中性脂肪がの数値が高いまま放置しておくと、体に色々な悪影響及ぼし重大な病気を引き起こす場合もあります。肥満やメタボの人は特に注意が必要で、肉類の摂取のしすぎなどは特に中性脂肪やコレステロールが溜まり易く、動脈硬化をはじめとするさ様々生活習慣病になる可能性が大きくなります。生活習慣病として身近な存在では糖尿病や痛風、高脂血症などがあげられますが一番重たいものではガンを発症する可能性も捨てきれません。...


肝臓によい食べ物や食生活は、肝臓病にかかった方と健康な方が肝臓病にならないように食べる食べ物は異なると言われております。肝臓病になってから、肝臓病にならない為の食べ物を食べることで悪影響を与えることもあるのです。健康な方が肝臓病にならないために気を付けることとは、メタボな体にならないことであります。栄養バランスのとれた食事を意識して摂取することこれが第一に言われることであります。そして、栄養バラン...