肝臓の主な働き(代謝・解毒・蓄積)

肝臓によい食べ物や食生活は、肝臓病にかかった方と健康な方が肝臓病にならないように食べる食べ物は異なると言われております。肝臓病になってから、肝臓病にならない為の食べ物を食べることで悪影響を与えることもあるのです。

 

健康な方が肝臓病にならないために気を付けることとは、メタボな体にならないことであります。
栄養バランスのとれた食事を意識して摂取することこれが第一に言われることであります。

 

そして、栄養バランスのとれた食事にプラスして適度な運動をすることが大切です。
運動を適度にすることで、内面的な健康も得られることでしょう。

 

つまりストレス発散には、運動は欠かせないものでございます。肥満にならない体作りが一番の要素であります。定期的に健康診断を受けることも必要であります。

 

肝臓病になった場合は、より適正な体重になるよう食生活改善が大切です。
肝臓をより保守とする栄養素として挙げられるのが、タンパク質でございます。

 

タンパク質の役割は、解毒や代謝に必要な酵素のもととなります。肝機能の修復にも大きく貢献となります。肉類よりも、魚や大豆製品を意識して摂取としましょう。肉類の内容成分には、脂肪酸やコレステロールが多いことが理由となります。

 

より肝機能を高めるには、タウリンを摂取としましょう。

 

タウリンがより多く含まれている食品として挙げられるのが、いわしやさばなどの青魚でございます。代謝を助ける役割があります。肝脂肪を修復するには、ビタミン類やミネラル類もバランスよく摂取するとさらによいでしょう。

 

肝臓病には、鉄分をさける必要があります。しじみやほうれん草、レバーの食品は鉄分が多く含まれております。摂取は控えましょう。肝臓病の方も適度な運動は必要であります。適度な運動をすることで、インスリンの活動がよくなるためであります。

 

それにより肥満効果が期待できるのでございます。

 

適度な運動することで、筋肉が増加となれば、インスリンの活動も良好となります。結果血中の糖質が消化されるという相乗効果がうまれます。そして肝臓の脂肪も減少となります。