肝炎の種類(A型・B型・C型)

日本人の肝炎の8割以上はウイルスによるものです。
日本で見られるのは主にA型、B型、およびC型肝炎です。

 

A型:

A型肝炎はウイルスに汚染された飲食物や便などを介し、経口感染します。1か月前後の潜伏期間を経て、風邪のような症状、消化器症状、黄疸などが現れます。A型肝炎は一過性の急性肝炎で、慢性化することはなく、劇症化することも稀です。

 

現在、国内での感染者は激減しています。しかし途上国では広くまん延している感染症であり、そうした地域に渡航する際にはワクチン接種を受け、現地では飲食物に細心の注意を払うことが必要です。

 

B型:

B型肝炎は、ウイルス保有者の血液、体液を介して感染します。以前は出産時の母子感染や、注射器、輸血用血液による感染などが少なくありませんでしたが、現在では予防措置が確立され、そうした原因での新たな感染はほとんどなくなりました。

 

B型急性肝炎:

A型と同じく急性の肝炎症状が現れますが、大半は完全に治癒します。しかし劇症化することがあるので注意が必要です。

 

B型慢性肝炎:

母子感染などで小児期にウイルス感染した場合、思春期以降に肝炎を発症することがあります。多くの場合症状は軽く済みますが、1割ほどは慢性肝炎に移行します。現在のB型慢性肝炎患者の多くはこのタイプですが、最近では、外来種のウイルスによるB型急性肝炎で慢性化が見られることも報告されています。

 

慢性肝炎は自覚症状に乏しく、放置すると肝硬変や肝がんに移行することがあるので注意が必要です。B型肝炎には有効なワクチンがあり、多くの場合、ワクチンで感染を予防することが可能です。

 

C型:

C型肝炎も血液を介して感染します。

 

C型急性肝炎:

A型、B型よりも症状が軽いため感染に全く気づかないことも多く、劇症化することも稀です。

 

C型慢性肝炎:

感染者の7割程度はそのまま慢性化し、長い年月の間に肝硬変や肝がんに移行することもあります。ちなみに、

 

日本では慢性肝炎のおよそ7割がC型, 2割がB型です。現在のところ、C型肝炎のワクチンは開発されていません。近年、慢性肝炎の治療法は、B型、C型ともに日進月歩と言われ、目覚ましい進歩を遂げています。放置せず、医師による適切な診断・治療を受けることが大切です。