肝臓に良い成分はコレ

肝臓は様々な機能があります。その機能とは、食べ物からとったタンパク質や糖、脂肪を貯蓄し、エネルギーとして供給する代謝の機能、アルコールや老廃物を無害なものに変える解毒の機能、脂肪の吸収を助ける消化液を生成する機能です。

 

このような様々な機能を持っている肝臓だからこそ、しっかりと守らなければなりません。
また、肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。

 

悲鳴をあげることなく、淡々と働いていますが、悲鳴をあげるときには時すでに遅しということもあります。だからこそ、しっかりと食生活・肝臓にいい栄養素を含んだ食事をとることが大事です。

 

食生活としては、一日三食しっかりととること、高タンパク質・高脂肪のものを控えるということが大事です。これと逆のことをやってしまうと、脂肪肝やアンモニアが高くなるという可能性があります。

 

肝臓に良い栄養素とは、必須アミノ酸、カリウム、カルシウム、ビタミン類などです。
これらの栄養素は、肝臓の修復や再生、肝機能をアップさせてくれます。

 

良い栄養素を含んだ食品としては次のものがあります。

 

まず、ひとつめは大豆です。
大豆には、必須アミノ酸、カリウム、カルシウム、ビタミンをたくさん含んでいます。
必須アミノ酸は、肝臓の修復や再生に必要な栄養素となります。

 

ふたつめは、しじみです。
肝臓に良い食べ物としてよくあげられます。しじみにはビタミンB2やB12、カルシウムや鉄、リンが含まれています。脂肪分も少ないという点もいいことです。これらの栄養素が肝機能をあげてくれます。

 

みっつめは、ウコンです。
これもアルコールを飲んだ時によくきくものとして有名です。ウコンにはクルミンという成分が含まれています。クルミンは、肝機能をアップさせてくれます。

 

よっつめは、牛乳です。
タンパク質が多く含まれており、肝臓を修復・再生してくれます。

 

 

この他にもたくさんの肝臓に良い栄養素を含んだ食べ物があります。

 

レバーや牡蠣、ごま、ホタテやイカ、タコといった魚介類などです。この他にもたくさんあります。これらの食べ物をしっかりとることにより肝臓の機能がアップし、また肝臓を修復・再生してくれます。

 

積極的に肝臓にいい栄養素を含んだものを食べましょう。